コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠漁業 かごぎょぎょう pot fisheries

1件 の用語解説(籠漁業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かごぎょぎょう【籠漁業 pot fisheries】

籠の中に水産生物を誘集し漁獲する雑漁業の一つ。籠の定義は明確でなく,材料・構造はさまざまだが,一般に鉄,タケ,木などで枠をつくり,これに網をはり,口をつけたものが使われる。形も円筒,円錐台,直方体かまぼこ形などさまざまである。底生性の水産生物,主としてカニ類,エビ類,貝類などを対象とするが,魚,イカ類などを対象とすることもある。単独で設置されることもあるが,日本では長い幹縄に多数の籠を枝縄でつけて設置するはえなわ式がほとんどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

籠漁業の関連キーワード漁業水産資源トロール漁業養殖漁獲雑漁業水産学飼付け漁業漁獲努力量水産物の調整保管

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone