コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠漁業 かごぎょぎょうpot fisheries

世界大百科事典 第2版の解説

かごぎょぎょう【籠漁業 pot fisheries】

籠の中に水産生物を誘集し漁獲する雑漁業の一つ。籠の定義は明確でなく,材料・構造はさまざまだが,一般に鉄,タケ,木などで枠をつくり,これに網をはり,口をつけたものが使われる。形も円筒,円錐台,直方体,かまぼこ形などさまざまである。底生性の水産生物,主としてカニ類,エビ類,貝類などを対象とするが,魚,イカ類などを対象とすることもある。単独で設置されることもあるが,日本では長い幹縄に多数のを枝縄でつけて設置するはえなわ式がほとんどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

籠漁業の関連キーワード南蛮エビ漁具

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android