コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米津親勝 よねきつ ちかかつ

2件 の用語解説(米津親勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米津親勝 よねきつ-ちかかつ

?-1614 織豊-江戸時代前期の武士。
米津常春の次男。徳川家康につかえ,慶長5年堺(さかい)奉行となる。9年三河(愛知県)検地,16年山城(京都府)検地を担当。18年摂津芥川村(大阪府)村民との争いで,阿波(あわ)(徳島県)に流され,19年2月22日自刃(じじん)。大久保長安(ながやす)事件に連座したともいわれる。通称は清右衛門。名は正勝,頼勝,春茂とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

米津親勝

没年:慶長19.2.22(1614.4.1)
生年:生年不詳
江戸初期の徳川家康の臣。通称は清右衛門尉。諱は正勝,頼勝,清勝,春茂,政信ともあるが,親勝と署名した文書が残る。米津常春の次男。家康に仕え,小牧・長久手の戦,関ケ原の戦などに参陣した。家康出頭人の地位にあり,慶長5(1600)年堺政所となる。同9年三河国検地の奉行を務める。当時親勝は,幕府の三河国支配の中心的存在であった。また,同10年代には近江国支配にも関与している。同16年板倉勝重と共に山城国検地の奉行を務めた。同17年常春の遺領を継承。同18年摂津の芥川村民と紛争し,罷免され阿波に配流となる。翌年配流地で切腹。大久保長安事件に連座したとされる。<参考文献>巽俊雄「西三河における慶長九年の検地奉行系統」(『幸田高校研究紀要』15号),山本英二「幕藩初期三河国支配の地域的特質」(『国史学』138号),多田文夫「慶長期の東海地域検地と支配―三河国から―」(『駒沢史学』43号)

(平野明夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米津親勝の関連キーワード秦宗巳末吉船阿部正興(1)岩井宗雪お万の方(2)神戸清右衛門木俣守勝榊原清政土屋昌次渡辺守綱

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone