コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米良氏 めらうじ

1件 の用語解説(米良氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

めらうじ【米良氏】

熊野那智山の神職社僧として栄えた豪族で,代々那智実報院(実方院)を本拠とした。その祖は藤原実方中将といわれ,その子,僧泰救以来の熊野別当家の一門に属し,法橋範永を氏の祖とする。熊野参詣の道者を宿泊させ祈禱,参拝の導師を務める御師(おし)の職を世襲し,多数の熊野先達を配下において全国に師檀関係を広げ,山内で最も勢力のある院家となった。4代目の法印道賢以後,熊野那智の執行(しぎよう)となる者が多く,那智山の一﨟(いちろう)といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

米良氏の関連キーワード熊野三山那智那智山那智火祭熊野三社烏帽子山熊野那智大社那智原始林那智の滝裸行

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米良氏の関連情報