コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粥田荘 かいたのしょう

1件 の用語解説(粥田荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいたのしょう【粥田荘】

筑前国鞍手郡(現,福岡県鞍手郡宮田町)の1/3を占める荘園。立荘事情は不明。北条政子により高野山金剛三昧院に寄進され,鎌倉幕府の保護を受けた。1281年(弘安4)異国警固の兵粮料所となったが,5年後返還。1392年(元中9∥明徳3)半済施行を契機に武家の侵略が激しくなり,少弐氏被官宗氏と大内氏被官杉氏が,領国支配をめぐって抗争を繰り返した。荘主は幕府,本家成勝寺,御室門跡に愁訴して支配の回復を図るが,戦国期には,杉氏の領地となり荘園としての実体を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粥田荘の関連キーワード伊藤常足筑前宮若青柳郁次郎貝島太助神谷武蔵菊池六朔斎藤司渡辺善吉門倉剪断工業

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone