コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田所/田荘 タドコロ

2件 の用語解説(田所/田荘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

た‐どころ【田所/田荘】

田のある所。田地。
大化の改新以前の豪族私有地
荘園公領制下で、現地で実務を執った役職。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たどころ【田所】

平安~室町時代において,国衙や荘園・公領の現地にあって,諸雑務とくに土地関係の帳簿を扱う役所ないし職掌,またそれに従事する人をいう。大別すると政府の行政機構としてのそれと,荘園の職掌・荘官としてのものとがある。歴史的には前者が先行し,後者がこれにつづく。文書のうえでの初見は964年(康保1)9月10日の大和国都介郷刀禰等解案で,広瀬・薦生両牧の立券につき勘解由長官殿帖と郡符を請い,刀禰,前検非違使,内竪の3名とともに〈田所判官代物部〉の署名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田所/田荘の関連キーワード請所加地子公方国衙領地下請守護請明通寺公領総検校籠作