田所(読み)たどころ

精選版 日本国語大辞典「田所」の解説

た‐どころ【田所】

〘名〙
① 平安時代から室町時代にかけて、国衙領の現地にあって、雑務一般、特に検田帳や田図などの土地関係の帳簿を取り扱う所。また、その人。
※栄山寺文書‐長和二年(1013)一一月二五日・大和国栄山寺牒「判、件寺愁郡郡所領田畠須下勘田所、〈略〉守藤原朝臣」
② 平安から室町時代、荘園におかれた荘官の一種。田地の管理・掌握にあたった。
※東大寺文書‐応保二年(1162)一一月一八日・摂津国椋橋西荘司等陳状案「椋橋西御庄司等解申進陳状事〈略〉案主大江季賢、田所橘季隆」
③ 田地。田のある所。
※随筆・胆大小心録(1808)二八「婢女午飯の時、田所にひぢりこにまみれし足をすます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「田所」の解説

たどころ【田所】

平安~室町時代において,国衙や荘園・公領の現地にあって,諸雑務とくに土地関係の帳簿を扱う役所ないし職掌,またそれに従事する人をいう。大別すると政府の行政機構としてのそれと,荘園の職掌・荘官としてのものとがある。歴史的には前者が先行し,後者がこれにつづく。文書のうえでの初見は964年(康保1)9月10日の大和国都介郷刀禰等解案で,広瀬・薦生両牧の立券につき勘解由長官殿帖と郡符を請い,刀禰,前検非違使,内竪の3名とともに〈田所判官代物部〉の署名がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android