糧道(読み)りょうどう

精選版 日本国語大辞典「糧道」の解説

りょう‐どう リャウダウ【糧道】

〘名〙 兵糧(ひょうろう)を運ぶ食糧を送る道すじ。また、生活の(かて)を得る道や利益をもたらしている方面。ろうどう。
仮名草子智恵鑑(1660)八「わき道より韓信があとへまはり、その糧道(リャウドウ)をたちきるべし」 〔史記‐蘇秦伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「糧道」の解説

りょう‐どう〔リヤウダウ〕【糧道】

食糧を運ぶ道筋。また、食糧を手に入れる方法。「糧道を断たれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android