コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糧/粮 カテ

デジタル大辞泉の解説

かて【糧/×粮】

《「かりて(糧)」の音変化》
食糧。食物。「その日の―にありつく」
精神・生活の活力の源泉。豊かにし、また力づけるもの。「音楽は心の―」
古代、旅などに携帯した食糧。干し飯(いい)の類。
「―つきて、草の根をくひものとしき」〈竹取

かり‐て【糧/×粮】

食糧。食物。かて
「いかにか行かむ―は無しに」〈・八八八〉

りょう〔リヤウ〕【糧/×粮】

旅行や行軍などに携帯する食料糧食。かて。

りょう【糧】[漢字項目]

常用漢字] [音]リョウ(リャウ)(漢) ロウ(ラウ)(呉) [訓]かて
〈リョウ〉旅行や行軍の際に携行する食物。主食となる食料。かて。「糧食糧道糧米糧秣(りょうまつ)衣糧口糧食糧
〈ロウ〉かて。「兵糧(ひょうろう)
[補説]「粮」は俗字

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

米国の作家エド・マクベインの警察小説(1974)。原題Bread》。「87分署」シリーズ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かりて【糧】

し飯いいなどの旅行用の携帯食。かて。 「いかにか行かむ-はなしに/万葉集 888

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

糧/粮の関連キーワードミカロワロワチ・ア・ガナムバラチンギ・ヤ・ガナムヘンリー プーライユジャン=クリストフ世界食糧計画戦時共産主義大豆油糧日報巨大生物の島貯蔵デンプン鈴木忠治郎アイヌ民族熊代佐市郎高橋円三郎米穀取引所糧嚢・糧囊青幇・清幇楠見 義男日糧製パン道明寺糒有り付き

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android