糸田貞義(読み)いとだ さだよし

  • 糸田貞義 いとだ-さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-1334 鎌倉時代の武将。
北条政顕の子。赤橋英時(ひでとき)に属し,豊前(ぶぜん)糸田(福岡県)を支配した。元徳3=元弘(げんこう)元年(1331)後醍醐(ごだいご)天皇のこもる大和(奈良県)笠置(かさぎ)山を大将軍として攻略。建武(けんむ)元年北条氏再興をめざし筑後(ちくご)(福岡県)で挙兵し,大友,少弐,菊池の軍とたたかい敗死した。通称は上総左近将監(かずささこんのしょうげん),左馬頭(かみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android