コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀国益 きの くにます

1件 の用語解説(紀国益の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀国益 きの-くにます

?-? 奈良時代の官吏。
養老5年(721)大判事となる。従五位下。奴婢(ぬひ)の所有をめぐり紀男人(おひと)とたがいに刑部(ぎょうぶ)省に訴えたが,両人の死後の天平(てんぴょう)16年(744)判決がでて,子の清人(きよひと)にあたえられた。清人は奴婢を解放し,ことごとく良民にしたという。「紀氏系図」「尊卑分脈」には園益とある。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀国益の関連キーワード元明天皇魔族ワンワンニャンニャンサルゴン[2世]奈良時代西鉄宮地岳線大和都市管財国賠訴訟大和都市管財事件JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業特攻機・桜花

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone