コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀国益 きの くにます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀国益 きの-くにます

?-? 奈良時代の官吏。
養老5年(721)大判事となる。従五位下。奴婢(ぬひ)の所有をめぐり紀男人(おひと)とたがいに刑部(ぎょうぶ)省に訴えたが,両人の死後の天平(てんぴょう)16年(744)判決がでて,子の清人(きよひと)にあたえられた。清人は奴婢を解放し,ことごとく良民にしたという。「紀氏系図」「尊卑分脈」には園益とある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀国益の関連キーワード奈良時代紀清人官吏

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android