紀州蜜柑(読み)キシュウミカン

デジタル大辞泉の解説

きしゅう‐みかん〔キシウ‐〕【紀州×柑】

ミカンの一品種。生育は遅いが大木になる。実は冬に黄赤色に熟し、香気が高く、酸味が少なく、種子が多い。中国の原産。和歌山地方で栽培され、明治中期以後にウンシュウミカンが普及する以前は代表的品種であった。こみかん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしゅうみかん【紀州蜜柑】

ミカンの一品種。温州蜜柑うんしゆうみかんの普及以前の代表的品種。小形で種子が多い。酸味が少なく香気が高い。小蜜柑。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紀州蜜柑 (キシュウミカン)

学名:Citrus kinokuni
植物。ミカン科の常緑小高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きしゅう‐みかん キシウ‥【紀州蜜柑】

〘名〙 ミカン科の常緑小低木。中国原産で、古く渡来し、ウンシュウミカンの普及する明治中期までの日本の代表的品種。幹は五メートルぐらいになり、枝は細く、よく分岐する。枝にはとげはなく、葉は長卵形で互生する。果実は、径四センチメートルほどの平らな球形で、冬に熟し黄赤色となり、甘味に富むが種子が多い。こみかん。きのくにみかん。はかりみかん。有田みかん。
※雑俳・辻談義(1703)「中がよし・紀州蜜柑のぶっちょづら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カスタマーハラスメント

消費者による自己中心的で理不尽な要求や悪質なクレームなどの迷惑行為。略称は「カスハラ」。明確な定義は定まっていないが、商品やサービスの提供側に明らかな過失がないにもかかわらず、執拗に謝罪や対価を要求す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android