コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀州蜜柑 キシュウミカン

デジタル大辞泉の解説

きしゅう‐みかん〔キシウ‐〕【紀州×柑】

ミカンの一品種。生育は遅いが大木になる。実は冬に黄赤色に熟し、香気が高く、酸味が少なく、種子が多い。中国の原産。和歌山地方で栽培され、明治中期以後にウンシュウミカンが普及する以前は代表的品種であった。こみかん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きしゅうみかん【紀州蜜柑】

ミカンの一品種。温州蜜柑うんしゆうみかんの普及以前の代表的品種。小形で種子が多い。酸味が少なく香気が高い。小蜜柑。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紀州蜜柑 (キシュウミカン)

学名:Citrus kinokuni
植物。ミカン科の常緑小高木,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

紀州蜜柑の関連キーワードキシュウミカン(紀州蜜柑)日本山海名物図会紀国屋文左衛門伊藤孫右衛門ミカン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android