コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀忠雄 きい ただお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀忠雄 きい-ただお

?-1590 織豊時代の神職。
紀伊(きい)日前(ひのくま)・国懸(くにかかす)神宮(和歌山県)の祠官。太田城により,根来(ねごろ)寺の僧兵および雑賀衆(さいかしゅう)とともに豊臣秀吉に反抗する。天正(てんしょう)13年太田城は秀吉勢の水攻め陥落,神宮は破壊され,忠雄は高野山にのがれた。天正18年8月30日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀忠雄の関連キーワード織豊時代神職

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android