約定利息(読み)やくじょうりそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

約定利息
やくじょうりそく

当事者の契約または遺言によって生じる利息で,法定利息に対する。その利率は,原則として法律行為によって定められる (約定利率) が利息制限法による制限がある。当事者が約定利率を定めないときは当事者の意思を解釈して定め,それができないときは法定利率による (民法 404) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やくじょう‐りそく ヤクヂャウ‥【約定利息】

〘名〙 当事者の契約によって生ずる利息。法律規定によって当然認められている法定利息に対するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の約定利息の言及

【利息】より

… (1)利息は元本使用の対価として支払われるものであるから,法定果実(〈果実〉の項参照)の一種である。法律の規定によって生ずる利息を法定利息といい,当事者間の契約によって発生する利息を約定利息という。(2)利息は元本債権の存在を前提として発生する。…

※「約定利息」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android