コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅屋 べにや

世界大百科事典 第2版の解説

べにや【紅屋】

紅やおしろいなど化粧品を売る店をさす江戸時代の呼称。15世紀のころの京都には,店売の女性の紅粉解(べにとき)がいて,泥状の艶(つやべに)を紅皿に解いたものをほお紅用として売っていた。また口紅用の固紅もあった。17世紀になって,紅屋が京や大坂,江戸にでき,大坂,江戸へは京の紅問屋から卸売された。18世紀には江戸,大坂にも問屋ができ,京都製の紅のほか,おしろいなどそれぞれ独自の製品も卸していた。化粧法が口紅中心となるにしたがって,乾燥させた移紅(うつしべに)(皿紅,ちょこ紅)が売られるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

紅屋の関連キーワード坂東 寿三郎(3代目)竹本播磨少掾(初代)市川鰕十郎(4代)中山文七(3代)其往昔恋江戸染竹本播磨少掾佐藤 千夜子大手まんぢうテルペニヤ岬カブセンターベニーマート河原木志穂竹本政太夫岩田屋三越野々口立圃野口 雨情佐藤千夜子米川常伯ツカモト倉沢淳美

紅屋の関連情報