紅綬褒章(読み)こうじゅほうしょう

百科事典マイペディアの解説

紅綬褒章【こうじゅほうしょう】

自己の危難を顧みず人命救助をした者を表彰するために1881年制定された褒章(ほうしょう)。→褒章

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうじゅほうしょう【紅綬褒章】

褒章の一。自分の危険を顧みずに人命を救助した者に紅色の綬とともに授与される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勲章・褒章がわかる事典の解説

こうじゅほうしょう【紅綬褒章】

日本の褒章(ほうしょう)の一つ。自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した人に授与する。1881年(明治14)の太政官布告第63号「褒章条例」により制定された。翌1882年、水難救助の功により青森県の工藤仁次郎に授与されたのが最初。しかし、戦後は受章者が減少し、平成に入ってからは受章者がいなくなっていた。そのため、2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」で、対象者を拡大する観点から授与の要件を緩和した。以後、毎回数名程度が受章している。◇英訳名はMedal with Red Ribbon。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅綬褒章の関連情報