コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紆余 ウヨ

デジタル大辞泉の解説

う‐よ【×紆余】

《「」は曲がりくねる意》
うねり曲がっていること。
伸び伸びとしてゆとりのあること。
「従って其句も亦―迫らざる処ありて」〈子規獺祭書屋俳話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うよ【紆余】

曲がりくねっていること。 → 紆余曲折
才気があって、しかも十分ゆとりのあること。 「 -迫らざる趣がある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紆余の関連キーワードエスコラピオス学園海星高等学校右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨カンボジア最高国民評議会モレート・イ・カバーニャ宮廷女官チャングムの誓いブリティッシュ・スチールイオン(ギリシアの伝説)リパブリック・スチールゲオルグ イェリネックゲーテとシラーの霊廟ネアンデルタール人メリット・システムブラック・サバス実体特許法条約清水エスパルス海事衛星通信メンデリズムイェリネック宮本から君へ桂田 芳枝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紆余の関連情報