納税管理人(読み)ノウゼイカンリニン

世界大百科事典 第2版の解説

のうぜいかんりにん【納税管理人】

日本国内(国税通則法施行地)に住所,居所,事務所等を有しない(または有しないこととなる)納税者(個人または法人)が,納税申告書の提出,還付金の受領その他の国税に関する事務を処理する必要があるときに選任しなければならないとされている代理人(国税通則法117条)。納税管理人は日本国内に住所または居所を有していなければならない。納税管理人がその委任された事務の範囲内で行った行為の効力は直接納税者に帰属する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のうぜい‐かんりにん ナフゼイクヮンリニン【納税管理人】

〘名〙 納税者の代理人として申告書の提出や更正通知書の受領など、国税・地方税に関する事務を処理する人。個人である納税者が国内に住所を持たない場合、あるいは法人である納税者が国内に事務所・事業所を持たない場合には当該地域内に居住する者の中から指定しなければならない。〔国税徴収法(明治三〇年)(1897)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android