コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還付金 カンプキン

デジタル大辞泉の解説

かんぷ‐きん〔クワンプ‐〕【還付金】

納付・徴収された税金に納め過ぎ・減免などがあった場合に、納税者に返される金銭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんぷきん【還付金】

例えば,源泉徴収または予定納税されていた所得税額や,中間申告によって納められていた法人税額が,確定申告額を超えている場合(所得税法138条1項,139条1項,法人税法80条)や,外国税額控除制度により控除しうる税額が確定申告額を超えている場合(所得税法138条1項,法人税法79条1項),また,純損失欠損金の繰戻しの場合(所得税法140条,法人税法81条),災害等による租税の減免がなされる場合(〈災害被害者に対する租税の減免,徴収猶予等に関する法律〉)等のように,適法な納付または徴収後に,過大な納税となる事態が事後に生じ,国・地方公共団体がその納税額を保有する正当な理由がなくなったため,納税者に返還されるべき税額に相当する金額をいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぷきん【還付金】

いったん納付された税金について、納め過ぎや減免が生じた場合に納税者に返還される金銭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

還付金の関連キーワード犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律県内の振り込め詐欺の発生状況国税総合管理システム法人市民税の還付金振り込め詐欺の手口パレスチナ自治政府振り込め詐欺救済法法人市民税還付金欧州共通農業政策振り込め詐欺被害EU財政の安定化特殊詐欺と電話特殊詐欺被害振り込め詐欺振込め詐欺わっぱ騒動還付加算金納税管理人e申告納税

還付金の関連情報