還付金(読み)カンプキン

世界大百科事典 第2版の解説

かんぷきん【還付金】

例えば,源泉徴収または予定納税されていた所得税額や,中間申告によって納められていた法人税額が,確定申告額を超えている場合(所得税法138条1項,139条1項,法人税法80条)や,外国税額控除制度により控除しうる税額が確定申告額を超えている場合(所得税法138条1項,法人税法79条1項),また,純損失欠損金の繰戻しの場合(所得税法140条,法人税法81条),災害等による租税の減免がなされる場合(〈災害被害者に対する租税の減免,徴収猶予等に関する法律〉)等のように,適法な納付または徴収後に,過大な納税となる事態が事後に生じ,国・地方公共団体がその納税額を保有する正当な理由がなくなったため,納税者に返還されるべき税額に相当する金額をいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぷきん【還付金】

いったん納付された税金について、納め過ぎや減免が生じた場合に納税者に返還される金銭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

還付金の関連情報