コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素性法師 そせいほうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素性法師
そせいほうし

平安時代中期の歌人。三十六歌仙の一人。僧正遍昭 (へんじょう) の子。俗名良岑玄利 (よしみねのはるとし) 。出家して,雲林院や良因院に住んだ。『寛平御時后宮歌合』に出詠し,昌泰1 (898) 年宇多上皇の宮滝御幸に供奉して和歌を詠み,延喜5 (905) 年藤原定国四十賀の屏風歌を詠進している。家集に『素性集』があり,『古今集』以下の勅撰集に 65首近く入集。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そせいほうし【素性法師】

平安前期の歌人。生没年不詳。三十六歌仙の一人。僧正遍昭の子。俗名良岑玄利(よしみねのはるとし)。出家して雲林院に住み,896年(寛平8)雲林院に行幸の日,権律師となり,後に石上(いそのかみ)の良因院に移った。宇多天皇時代に最も活躍し,《古今集》の撰者たちと親交があった。《古今集》以下の勅撰集に60首,家集に《素性集》がある。歌風は軽妙洒脱の中にも優美さがあり,〈見わたせば柳桜をこきまぜて宮こぞ春の錦なりける〉(《古今集》巻一)などの静止的で絵画風な歌の中にもその一端がうかがわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

素性法師の関連キーワード小倉百人一首百人一首僧正遍昭ツル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素性法師の関連情報