紫草(読み)ムラサキソウ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫草 (ムラサキ・ムラサキソウ)

学名:Lithospermum officinale subsp.erythrorhizon
植物。ムラサキ科の多年草,園芸植物,薬用植物

紫草 (ムラサキグサ)

植物。マメ科の落葉つる性低木,園芸植物,薬用植物。フジの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の紫草の言及

【ムラサキ(紫)】より

…地下には太い根があり,この根から紫色の染料シコニンshikoninがとれる。紫草染はムラサキの根の滲出液(しんしゆつえき)と灰汁とに,交互に布をつけて行う。染めあがるまで数日を要するが,日光によって退色しやすい。…

※「紫草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫草の関連情報