コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井邦子 いまい くにこ

5件 の用語解説(今井邦子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

今井邦子

大正・昭和期の歌人。徳島県生。旧姓山田。本名くにえ。明治42年文学を志して上京、中央新聞の記者となる。島木赤彦を知り「アララギ」の同人となるが赤彦没後「アララギ」を脱し『明日香』を主宰。閨秀歌人として知られた。茂吉の指導も受け、また後進の育成にも努めた。歌集『紫草』『明日香路』のほか、評論・随筆・童話集がある。昭和23年(1948)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いまい‐くにこ〔いまゐ‐〕【今井邦子】

[1890~1948]歌人。徳島の生まれ。旧姓、山田。本名、くにえ。「アララギ」に加入し、島木赤彦門下の女流歌人として活躍した。歌誌「明日香」を創刊。歌集「片々」「紫草」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井邦子 いまい-くにこ

1890-1948 大正-昭和時代の歌人。
明治23年5月31日生まれ。大正5年「アララギ」にくわわり,島木赤彦にまなぶ。昭和11年女性だけの歌誌「明日香(あすか)」を創刊,主宰した。昭和23年7月15日死去。59歳。徳島県出身。諏訪高女卒。旧姓は山田。本名はくにえ。歌集に「紫草」「明日香路」「こぼれ梅」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いまいくにこ【今井邦子】

1890~1948) 歌人。徳島市生まれ。旧姓、山田。本名、くにえ。島木赤彦に師事。女流歌誌「明日香」を主宰。繊細な心理を詠んだ歌が特徴。歌文集「姿見日記」、歌集「片々」「紫草」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今井邦子
いまいくにこ
(1890―1948)

歌人。旧姓山田、本名くにえ。父の任地の徳島市に生まれ、のち長野県下諏訪(しもすわ)に移る。少女時代より『少女界』『女子文壇』などに詩歌を投じ、上京して一時新聞記者も勤めた。1916年(大正5)歌誌『アララギ』に加入し、島木赤彦門の女流歌人として活躍。その作品は、初期の浪漫(ろうまん)的なものから、写実的な詠風に移り、その傾向を生涯押し進めた。36年(昭和11)女流歌誌『明日香(あすか)』を創刊。歌集に『片々』(1915)、『紫草(むらさきぐさ)』(1931)、『こぼれ梅』(1950)などがある。[宮地伸一]
 血を分けし母と子なれどつきつめし悩みは言はず一つ家に居て
『『今井邦子短歌全集』全一巻(1970・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今井邦子の関連キーワード徳島県徳島市飯谷町奥山田徳島県吉野川市川島町山田徳島県徳島市北山町山田徳島県阿南市桑野町山田徳島県徳島市昭和町徳島県徳島市中昭和町小室要坂口あさ佐竹弥生山田宗有

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone