コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井邦子 いまい くにこ

美術人名辞典の解説

今井邦子

大正・昭和期の歌人。徳島県生。旧姓山田。本名くにえ。明治42年文学を志して上京、中央新聞の記者となる。島木赤彦を知り「アララギ」の同人となるが赤彦没後「アララギ」を脱し『明日香』を主宰。閨秀歌人として知られた。茂吉の指導も受け、また後進の育成にも努めた。歌集紫草』『明日香路』のほか、評論・随筆・童話集がある。昭和23年(1948)歿、57才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いまい‐くにこ〔いまゐ‐〕【今井邦子】

[1890~1948]歌人。徳島の生まれ。旧姓、山田。本名、くにえ。「アララギ」に加入し、島木赤彦門下の女流歌人として活躍した。歌誌明日香」を創刊。歌集「片々」「紫草」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井邦子 いまい-くにこ

1890-1948 大正-昭和時代の歌人。
明治23年5月31日生まれ。大正5年「アララギ」にくわわり,島木赤彦にまなぶ。昭和11年女性だけの歌誌「明日香(あすか)」を創刊,主宰した。昭和23年7月15日死去。59歳。徳島県出身。諏訪高女卒。旧姓は山田。本名はくにえ。歌集に「紫草」「明日香路」「こぼれ梅」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いまいくにこ【今井邦子】

1890~1948) 歌人。徳島市生まれ。旧姓、山田。本名、くにえ。島木赤彦に師事。女流歌誌「明日香」を主宰。繊細な心理を詠んだ歌が特徴。歌文集「姿見日記」、歌集「片々」「紫草」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今井邦子
いまいくにこ
(1890―1948)

歌人。旧姓山田、本名くにえ。父の任地の徳島市に生まれ、のち長野県下諏訪(しもすわ)に移る。少女時代より『少女界』『女子文壇』などに詩歌を投じ、上京して一時新聞記者も勤めた。1916年(大正5)歌誌『アララギ』に加入し、島木赤彦門の女流歌人として活躍。その作品は、初期の浪漫(ろうまん)的なものから、写実的な詠風に移り、その傾向を生涯押し進めた。36年(昭和11)女流歌誌『明日香(あすか)』を創刊。歌集に『片々』(1915)、『紫草(むらさきぐさ)』(1931)、『こぼれ梅』(1950)などがある。[宮地伸一]
 血を分けし母と子なれどつきつめし悩みは言はず一つ家に居て
『『今井邦子短歌全集』全一巻(1970・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今井邦子の関連キーワード下諏訪町立今井邦子文学館生方 たつゑアララギ派今井 邦子生方たつゑ昭和時代今井師事

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android