細川氏綱(読み)ほそかわ うじつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川氏綱 ほそかわ-うじつな

?-1564* 戦国時代の武将。
細川尹賢(これかた)の子。細川高国の養子。天文(てんぶん)12年細川晴元(はるもと)に対抗して晴元派の三好長慶(みよし-ながよし)に敗れ,遊佐長教(ゆさ-ながのり)らとむすび,三好政長とたたかう。17年には長慶とくみ,晴元らを京都から追う。21年室町幕府最後の管領(かんれい)となった。永禄(えいろく)6年12月20日死去。通称は二郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

細川氏綱

没年:永禄6.12.20(1564.1.4)
生年:生年不詳
戦国時代の武将,室町幕府最後の管領。右京大夫。通称二郎。尹賢の子。細川高国の嫡子稙国が早世したため,高国の養子となる。天文12(1543)年,細川晴元に敗れて自刃した高国の残党に擁立され,挙兵。晴元派の三好範長(長慶)に敗れたのち,遊佐長教らと結んで三好宗三(政長)と連戦。同17年,政長との確執から晴元に反旗を翻した長慶に擁立され,翌年管領晴元,前将軍足利義晴,将軍足利義藤(義輝)を京から追う。同21年,義輝と和解して右京大夫,管領に任じられたが,実権はなおも長慶の手にあった。永禄2(1559)年長慶により山城国淀城に移され,のち同城で没した。

(森田恭二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細川氏綱の関連情報