コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川高国 ほそかわたかくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細川高国
ほそかわたかくに

[生]文明16(1484)
[没]享禄4(1531).6.8. 摂津
室町時代末期の武将,管領。政春の子。法名,道永,管領政元の養子となり大内義興らと結び細川氏のなかで勢力をふるい,将軍 (足利義稙〈よしたね〉および義晴) を名目的な存在として実権を握った。やがて三好元長らに追われ,自殺。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほそかわ‐たかくに〔ほそかは‐〕【細川高国】

[1484~1531]室町後期の武将。政元養子。家督相続をめぐり澄元と対立。前将軍足利義稙(よしたね)を将軍職に復帰させ、管領となって幕政の実権を握った。のち、澄元の子晴元三好元長に追われ、自刃。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

細川高国【ほそかわたかくに】

室町後期の武将。細川氏庶流政春の子。1507年前管領細川政元が養子澄之らに暗殺されると,細川澄元とともに澄之討伐に功を挙げた。しかしまもなく澄元と不和になり,翌年前将軍足利義材(よしき)(義稙(よしたね))を擁して上洛した大内義興と結び,将軍義澄や澄元らを追い落として義材を将軍に還任させ,義興とともに幕政を掌握した。
→関連項目足利義稙足利義晴細川晴元

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川高国 ほそかわ-たかくに

1484-1531 戦国時代の武将。
文明16年生まれ。細川政元の養子。養子同士の家督争いで細川澄之をほろぼす。さらに永正(えいしょう)5年細川澄元を追放し,前将軍足利義稙(よしたね)を将軍に復帰させて管領(かんれい)となる。大永(たいえい)元年将軍足利義澄の子義晴を新将軍としたが,澄元の子晴元らに攻められ,享禄(きょうろく)4年6月8日摂津尼崎(兵庫県)で自刃(じじん)。48歳。法号は道永,常桓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

細川高国

没年:享禄4.6.8(1531.7.21)
生年:文明16(1484)
室町時代の武将,室町幕府管領。通称六郎。民部少輔。右京大夫。武蔵守。法名道永,常桓。道号松岳。政春の子。細川政元の家督相続を巡る澄之,澄元の争いでは澄元に味方し,永正4(1507)年8月澄之を滅ぼした。しかし翌年4月には,伊丹元扶,内藤貞正らの国人を味方に澄元を近江に追放。同月,周防(山口県)大内義興と共に前将軍足利義尹(義稙)を堺に迎え,義尹が将軍に復帰すると,右京大夫,管領に任じられ,左京大夫義興と共にこれを支えた。同15年義興が帰国すると,澄元を擁する三好之長に一時入京を許すが,その後奪回。大永1(1521)年には将軍義稙を廃し,前将軍足利義澄の子義晴を擁立した。しかし,同6年,細川尹賢の讒言により香西元盛を殺害したため,元盛の兄弟波多野稙通,柳本賢治が挙兵,さらに阿波国から三好勝長・政長が堺に上陸し,やがて之長の孫元長が足利義維と細川晴元(澄元の子)を擁して堺に上陸するにおよび,高国政権は崩壊した。享禄4(1531)年6月,摂津国天王寺で三好元長に敗れて尼崎の商家に逃げ込んだが,捕らえられ、自刃した。

(森田恭二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほそかわたかくに【細川高国】

1484‐1531(文明16‐享禄4)
室町後期の武将。官途は民部少輔,右京大夫,武蔵守。細川氏の庶流政春の子で,幕政上さして重要な地位ではなかったが,1507年(永正4)前管領細川政元が養子澄之に暗殺されると,澄元に就いて同年澄之討伐に功を挙げ,にわかに幕府内で重要な地歩を占めるようになった。翌年周防に逃亡中の前将軍足利義材(義稙)が大内義興に擁されて上洛すると,高国はこれと結んで将軍義澄,細川澄元を近江に追い落とし,義材の将軍還任に成功した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほそかわたかくに【細川高国】

1484~1531) 室町後期の武将。管領細川政元の養子。家督争いで細川澄元と対立してこれを追い、将軍に足利義稙よしたねを迎えて実権を握った。のち足利義澄の子義晴を将軍とし、管領となったが、三好氏に追われて自刃。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細川高国
ほそかわたかくに
(1484―1531)

戦国期の武将。幕府管領(かんれい)。備中(びっちゅう)守護細川政春(まさはる)の子。細川政元(まさもと)の養子。通称六郎。官途は右京大夫(うきょうのだいぶ)・武蔵守など。法名道永(どうえい)のち常桓(じょうかん)。1507年(永正4)の政元暗殺後に台頭し、大内義興(よしおき)とともに足利義稙(よしたね)を盛り立て、細川澄元(すみもと)・三好之長(みよしゆきなが)らに対抗。1521年(大永元)に義稙が逃亡すると足利義晴(よしはる)を将軍に擁立し、足利義維(よしつな)・三好元長(もとなが)と対立する。1528年(享禄元)元長らに京都を追われて高国政権は崩壊するが、諸国を回って再起の時をうかがう。1531年摂津天王寺(てんのうじ)で元長らに敗れ、尼崎(あまがさき)に潜伏中を捕らえられ、6月8日に自刃した。[仁木 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

細川高国の関連キーワード幸阿弥宗伯尼崎[市]波多野元清赤松再興記赤松義村日野内光細川氏綱北畠具教武田元光波多野氏北畠材親細川持隆謙道宗設細川政賢浦上村宗茨木長隆島村貴則宋素卿管領代仁木

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android