コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細菌尿 さいきんにょうbacteriuria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細菌尿
さいきんにょう
bacteriuria

細菌を多量に含む尿をいい,普通は膀胱炎腎盂炎腎盂腎炎が起っていることを意味する。尿中にみられる菌としては大腸菌が最も多く,変形菌肺炎桿菌緑膿菌ブドウ球菌腸球菌がこれに次ぐ。男女とも外尿道口付近には種々の雑菌が常在するので,普通に採取した尿には少量の菌が含まれることが多いが,これは単なる汚染にすぎない。一般に尿 1ml中に 10万以上の細菌がいる場合を細菌尿といっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいきん‐にょう〔‐ネウ〕【細菌尿】

細菌およびそれに対応する白血球などが含まれている尿。ふつう白く濁っていて、腎臓膀胱(ぼうこう)・尿道などに感染症があるときにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいきんにょう【細菌尿】

細菌を多数含んだ濁った尿。膀胱炎や腎盂炎・腎炎などの尿路感染症に伴う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

細菌尿の関連キーワードヘキサメチレンテトラミン尿路のしくみとはたらき尿の異常のいろいろ小児尿路感染症慢性膀胱炎尿路感染症混濁尿腎炎

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細菌尿の関連情報