コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統一教会 とういつきょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統一教会
とういつきょうかい

1954年,ムン・ソンミョン (文鮮明) によって韓国で創始された世界基督教統一神霊協会の略称。日本へは 58年に伝えられ,64年に宗教法人。東京都渋谷区に本部をおく。ムン・ソンミョンは,青年時代の 45年,神の啓示を受けて真理探究を重ね,「統一原理」を解明したとされる。これは,朝鮮の平壌地方で発生した混淫派の流れをくみ,ムン・ソンミョンをキリストの再来として,原罪からの救済と人類一家族の実現を目指すもので,教理には陰陽二元論など多分に東洋的な要素を含む。ムン・ソンミョンの伝道活動によって国際的にも広まり,その拠点は韓国・日本・アメリカとみられる。政治的には反共を掲げ,68年には国際勝共連合を設立,同年日本支部も発足。これを機に布教活動も活発化し,各大学で原理研究会や世界平和教授アカデミーが組織されたり,国際合同結婚式が話題を呼んだりした。 80年代以降,系列の企業による霊感商法が大きな社会問題となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

統一教会の関連キーワードUPI通信(United Press International)トロント大学野村 隈畔カメロン派カオダイ教文 鮮明山崎浩子鄭 明析原理運動ヘール

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

統一教会の関連情報