続貂(読み)ぞくちょう

精選版 日本国語大辞典「続貂」の解説

ぞく‐ちょう ‥テウ【続貂】

〘名〙 (中国、の趙王倫の一党が兵卒にいたるまで爵位をうけたので、時の人がにかざるが足りなくなったであろうと「貂不足、狗続」といったという「晉書‐趙王倫伝」の故事から) つまらない者が高官に列すること。劣者が優者に続くこと。また、他のし残した仕事を受継いで行なうことを卑下していう語。狗尾(くび・こうび)続貂。
※続歌舞妓年代記(1907)豊芥子略伝「されば歌舞妓年代記の続貂とかいふもの、こはとほからず〈略〉おほやけにすべくなむ」 〔余靖‐観文相公以靖黍承善政特寄嘉篇謹依厳韻和詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「続貂」の解説

ぞく‐ちょう〔‐テウ〕【続×貂】

趙王倫ちょうおうりんの一党が下僕に至るまで高官に就いたので、てんの尾で飾った高官用の冠が足りなくなり、犬の尾で飾った間に合わせの冠が続くだろう、とそしられたという「晋書」趙王倫伝の故事から》
すぐれたもののあとに、つまらないものが続くことのたとえ。
他人の仕事を受け継いですることをへりくだっていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「続貂」の解説

【続貂】ぞくちよう(てう)

封爵を濫授する。悪を以て美につぐ。〔晋書、趙王倫伝〕黨皆將に登り、竝びに大封に列し、の餘~咸(ことごと)く超階越す。~(ごと)に貂(てうせん)(冠冕の飾り)坐に(み)つ。時人之れがを爲(つく)りて曰く、貂足らず、狗尾續ぐと。

字通「続」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android