コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠冕 カンベン

デジタル大辞泉の解説

かん‐べん〔クワン‐〕【冠×冕】

冕板(べんばん)をつけたかんむり。また、かんむり。
「臣下は北面にして階下に―をうち垂る」〈太平記・二四〉
いちばんすぐれているもの。首位。
「実に古今の―為(た)り」〈童子問・下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんべん【冠冕】

冕板べんばんのついた冠。 「臣下は北面にして階下に-を低うちたる/太平記 24
首位。第一等。 「欧陽公の五代史…古今の-たり/童子問」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

冠冕の関連キーワード十三陵冕冠

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android