コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショク

デジタル大辞泉の解説

しょく【続】

ぞく(続)」に同じ。

ぞく【続】

つづき。続編。「正二巻からなる作品」
書名などに付いて、それのつづきのものであることを表す。しょく。「膝栗毛」「文章規範」

ぞく【続〔續〕】[漢字項目]

[音]ゾク(呉) ショク(漢) [訓]つづく つづける
学習漢字]4年
〈ゾク〉とぎれないで引きつづく。つづける。「続行続出続続続編永続勤続継続後続持続接続相続存続断続陸続連続
〈ショク〉つづける。「続命
[名のり]つぎ・つぐ・ひで
[難読]続飯(そくい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょく【続】

〔漢音〕

ぞく【続】

つづくこと。つづき。 「正-二巻よりなる小説」
(接頭語的に)書名などの上に付いて、その続編であることを表す。 「 -膝栗毛」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

続の関連キーワードダイアジェネシス直江兼続とお船晩期続成作用宗伝(2)新続古今集和泉式部集続本朝文粋歴朝詔詞解続後拾遺集二十一代集続後撰集継変作用藤原基家後成作用十三代集隔簾花影続古今集続拾遺集続千載集藤原為氏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

続の関連情報