六親(読み)ろくしん

精選版 日本国語大辞典「六親」の解説

ろく‐しん【六親】

〙 六種の親族。父・母・・妻・子、また、父・子・兄・弟・をさすなどさまざまな組合せがある。また、広く親族全体をさして用いる。六戚。りくしん。
※九冊本宝物集(1179頃)二「常に父母六親にそひて、立居のすがたをぞ見えまほしき」 〔老子‐一八〕

りく‐しん【六親】

〘名〙 =ろくしん(六親)〔新撰字解(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「六親」の解説

ろく‐しん【六親】

最も身近な六種の親族。父・母・兄・弟・妻・子。また、父・子・兄・弟・夫・婦などや、広く親族全体をさしても用いる。りくしん。

りく‐しん【六親】

ろくしん(六親)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android