六親(読み)リクシン

デジタル大辞泉 「六親」の意味・読み・例文・類語

りく‐しん【六親】

ろくしん(六親)

ろく‐しん【六親】

最も身近な六種親族。父・母・兄・弟・妻・子。また、父・子・兄・弟・夫・婦などや、広く親族全体をさしても用いる。りくしん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「六親」の意味・読み・例文・類語

ろく‐しん【六親】

〘名〙 六種の親族。父・母・兄・弟・妻・子、また、父・子・兄・弟・夫・婦をさすなどさまざまな組合せがある。また、広く親族全体をさして用いる。六戚。りくしん。
※九冊本宝物集(1179頃)二「我常に父母六親にそひて、立居のすがたをぞ見えまほしき」 〔老子一八

りく‐しん【六親】

〘名〙 =ろくしん(六親)〔新撰字解(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「六親」の読み・字形・画数・意味

【六親】りくしん

親族関係の者。〔老子、十八〕六親和せずして、孝り。國家昏亂して、忠臣り。

字通「六」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

占い用語集 「六親」の解説

六親

「我」をあらわす五行から見た、親族関係のこと。自分同気存在を「兄弟」、自分が生ずる存在を「子孫」、自分が剋す存在を「妻財」、自分を剋す存在を「官鬼」、自分を生ずる存在を「父母」とする。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android