綴織(読み)つづれおり

日本大百科全書(ニッポニカ)「綴織」の解説

綴織
つづれおり

綴錦(つづれにしき)ともいい、緯(よこ)糸に二色以上(数十色に及ぶものがある)の色糸を使い、模様部分だけ織り綴(つづ)るようにして模様を表した織物。緯糸は模様部分では織耳から織耳まで通っておらず、つづら折りのように蛇行して織り進められるので、綴織の名称がつけられたのであろう。

 一般に、経(たて)糸にはじょうぶな麻または木綿を使い強く張ったのち、下絵に従って数十種の甘撚(あまよ)りにした羊毛あるいは絹(ときには金銀糸を使う)の色緯糸を一部分ずつ小さな杼(ひ)で通しながら、つまさきで手前にかき寄せ、筋立(すじたて)(櫛(くし)状の織詰め具)で軽く寄せながら織る。組織的には平織の変化組織であるが、緯糸は色の境目で折り返されて、編むように織り進められるから、その部分には経方向にすきまができる。これを「はつりの目」とよんでいる。このすきまの部分を埋めるために、両方の接する緯糸を互いに絡めあって防止する。

 この織物は、各地で自然的に修得された製作技法であったとみられる。エジプト第18王朝のアメンヘテプ2世(在位前1450~前1425)の王章を入れた綴織が、もっとも古いとされているが、同時代のものは、ペルーの海岸砂漠地帯でも出土しており、西アジアでの綴織起源説は疑問である。古いものではコプト裂(ぎれ)、ペルーのプレ・インカ裂が知られ、フランスのゴブラン織、中国の刻糸(こくし)が著名である。日本では、正倉院裂、奈良県當麻(たいま)寺の當麻曼荼羅(まんだら)、京都東寺の犍陀縠糸袈裟(けんだこくしけさ)に綴織、あるいは、その変化組織である織成(しょくせい)がみられるが、いずれも中国からの舶載品とみられ、国産化は近世以後である。18世紀前半に、明(みん)・清(しん)の刻糸に倣って京都西陣(にしじん)の林瀬平(せへい)が初めて織り出し、19世紀には紋屋次郎兵衛が祇園(ぎおん)占出(うらで)山の日本三景図を織り出している。

[角山幸洋]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「綴織」の解説

つづれ‐おり【綴織】

〘名〙 綴錦(つづれにしき)。また、外見を綴錦に似せた、紋織物の一種。数種の絹の彩糸で模様を織り出したもの。女の帯地や肩かけ用とする。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉投機「『これ? 綴織(ツヅレオリ)ですよ』とおそよは得意に帯を突出しつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「綴織」の解説

綴織
つづれおり

ともいう。紋織物の一種。平織の変化組織で,麻または木綿の経糸を強く張り,羊毛またはの数色の色糸を緯糸とし,杼 (ひ) で編むようにして紋様を織り上げる。世界の各地でみられる織物で,古くはエジプトコプト織が知られ,またフランスのゴブラン織,中国の刻糸なども有名。日本では奈良時代の織成 (しょくせい) がこれに近いもので,正倉院裂,『当麻曼荼羅図』 (奈良県当麻寺) ,『 犍陀穀糸袈裟』 (京都東寺) などが残されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「綴織」の解説

綴織【つづれおり】

模様織物の一種。一般には綴錦(にしき)のことをいうが,これを模した織物のこともいう。綴錦はエジプトのコプト織,フランスのゴブラン織などと同種のもの。日本では1770年代に京都西陣で織り始められた。平織であるが,経(たて)糸の下に図案(正絵(しょうえ))を置き,これに合わせて色糸や金銀糸の緯(よこ)糸を織り込み,絵画的な精巧な模様を表す。おもに高級な帯地,壁掛け,袋物などにする。
→関連項目織物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「綴織」の解説

つづれおり【綴織】

文様織の一つ。綴,綴錦とも称し,中国で剋糸(こくし)(克糸,刻糸),欧米でタピスリーtapisserieと呼称されるものがこれに当たる。一般的な多色の紋織物との違いは,紋織物には原則として緯糸に地緯(じぬき)(地組織をなす糸)と絵緯(えぬき)(文様を表す糸)とがあり,地緯はつねに織物の織幅いっぱいに通し糸として用いられるのに対し,綴織では地緯も絵緯も文様にしたがって必要な部分のみ織りはめられ,地緯が織幅いっぱいの通し糸とならないことにある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の綴織の言及

【織物】より

…また筬のはじめは,一方を薄く削り,ちょうど刀のような形にしたある幅をもつ棒(刀杼(とうじよ))で,あるいは櫛状のもので緯糸をたたきこんできたのであるが,いつか櫛の歯のように細い竹や針金を一定の間隔に並べ,上下を固定した現用のような形のものが作りだされた。段通や綴織の織成には,現在でも櫛状あるいは櫛そのものが緯糸を固くしめつけるために使われている。また結城や越後のいざり機では,刀状の緯打ち具に緯糸を巻いた管を組み込んだ,緯入れと緯打ちとを兼ねた大杼というのを用いていて,これが古い形であろうと考えられるが,後には筬も加わって,現在では両方で緯打ちをしている。…

【毛織物】より

…古来西南アジアでは優良な細羊毛を産し,シリア砂漠の古代都市パルミラなどから,単純な意匠を施した細羊毛の織物が発見されている。また,南シベリアのパジリク古墳群からは,西アジア産の綴織(つづれおり)のカーペットおよびもうせん(毛氈)(紀元前5~前4世紀)が出土している。ギリシアの詩人ホメロスは羊皮や羊毛の紡織をうたい,ギリシア彫刻によると羊を飼っていたことがわかる。…

【ゴブラン織】より

…パリ近郊で,とくに17~18世紀,国王の庇護を受けて作られたタピスリー(ヨーロッパの綴織(つづれおり))をさす。その名は広く世界に知られ,ゴブラン織はタピスリーの代名詞としても用いられる。…

【タピスリー】より

…英語でタペストリーtapestryとも呼ばれる織物。織機に張った経糸(たていと)にボビン(木針)で緯糸(ぬきいと)を通して図柄を織り出す技法は日本の綴織(つづれおり)に相当する。
[タピスリーの織り方]
 緯糸は図柄に応じて必要な数の経糸だけに通し,普通の織物のように端から端まで全部の経糸を貫通することはない。…

※「綴織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android