コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿花取引所 めんかとりひきしょ

2件 の用語解説(綿花取引所の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

綿花取引所【めんかとりひきしょ】

綿花先物取引を行う商品取引所。日本では商品取引所法に基づき大阪(三品取引所)と東京に開設(現在綿花は上場休止)。綿花は国際商品であり,相場の指標となるのはニューヨーク綿花取引所である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綿花取引所
めんかとりひきしょ
cotton exchange

綿花の実物および先物の取引を行う定期清算市場のこと。先物取引とは、売買決定後、一定期間を経過してから商品を受け渡す取引であり、その本質は投機取引である。定期清算とは、先物取引の清算期限を将来の特定期日(たとえば1年半以内の各月末)に決めておくことをいう。日本には過去・現在とも綿花取引所は存在しない。綿花は18世紀の産業革命による紡績・織物産業の発達によって世界的な天然繊維資源となったが、綿花の供給国はアメリカインドパキスタンエジプトブラジル、中国など限られた数しかない。このため、需給を調節して適当な価格を形成するために取引所が必要になった。綿花取引所には、生産市場を代表するものと、需要市場を代表するものとがある。前者の典型はアメリカのニューヨーク綿花取引所(1870創設)であり、後者の代表はイギリスリバプール綿花取引所(1874創設)である。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone