総百姓共有漁場(読み)そうびゃくしょうきょうゆうぎょじょう

世界大百科事典 第2版の解説

そうびゃくしょうきょうゆうぎょじょう【総百姓共有漁場】

江戸時代の漁場占有利用権は一般に総百姓の共有であった。総百姓共有漁場(村中入会漁場,総百姓入会漁場,村持漁場)は,幕藩体制のもとで広範に成立したとみられる。太閤検地を画期として成立した幕藩体制は広範な直接生産者層の独立を推し進め,それを支配の基礎とした。それがいわゆる本百姓である(漁師の場合も,身分上は百姓であり,当時は耕地を保持していない漁師は例外的にしか考えられない)。本百姓は耕地を占有して正租を上納するばかりでなく,一人前の百姓として領主のための夫役をつとめる者でなければならなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の総百姓共有漁場の言及

【漁場制度】より

…漁場占有利用権は明確に本百姓層にかぎって領主から与えられていたわけではなく,領主支配のための地域集団でもある村にまかせる形がとられたが,村の主要な構成員は本百姓であり,その本百姓が正租と夫役の義務を果たしていたのであるから,その対価として当然のように主要漁場の占有利用権は本百姓の共有となったものと思われる。 総百姓共有漁場には三つの異なった形態が存在した。(1)は,夫役負担の単位である本百姓一軒前が,そのまま漁場占有利用関係においても一軒前の単位となり,本百姓層の間では漁場占有利用権を平等の権利として分有する形態である。…

※「総百姓共有漁場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android