コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業年貢(読み)ぎょぎょうねんぐ

百科事典マイペディアの解説

漁業年貢【ぎょぎょうねんぐ】

中世荘園制下で公事(くじ)の他に漁獲物に賦課された年貢。佐渡(さど)・越後(えちご)など北陸の日本海沿岸諸国と,伊豆(いず)・伊勢(いせ)・摂津(せっつ)などの国では月菜(つきな)・節料(せちりょう)として季節ごとに現物・加工品,代銭など多様な形で収取された。近世には小物成(こものなり),浮役(うきやく)として賦課された。漁場占有利用権付与に対しての賦課で,海高水手(かこ)役・網役・船役・海役などの種類があった。初め現物納も見られたが,中期以降は米納・代銀納となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょぎょうねんぐ【漁業年貢】

村高に結び郷帳に定納が銘記されている小物成(こものなり),あるいは村高に結ばないが郷帳外書に記される(不記入の場合もある)浮役の一種。前者はほとんど山野河海から揚がる収益,後者は魚など収獲浮遊物に対して賦課された貢租で,大きくは夫役的色彩をもつ水主役(かこやく)と農村の田畑貢租に相当する浦役とに分けることができる。これは幕藩制成立期に村方(地方(じかた))との分離によって成立,確定した近世漁村(浦方,および主漁従農の半農半漁村=端浦(はうら))の,地先漁業における封建的漁業権の対価となるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android