コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑レン(簾)石 りょくれんせき

百科事典マイペディアの解説

緑レン(簾)石【りょくれんせき】

変成岩中にごくふつうにみられる緑色の変成鉱物で,単斜晶系,柱状結晶または粒状・繊維状集合体として産する。組成がCa2(M)3O・OH・Si2O7・SiO4で表される一群の鉱物を緑レン石族と称し,(M)3は緑レン石ではFe3(+/)Al2,ゾイサイトとクリノゾイサイトではAl・Al2,紅レン石は(Mn3(+/),Fe3(+/),Al)3,褐レン石は(Mn2(+/),Fe2(+/),Fe3(+/),Al)3でCaが一部Ce,La,Yに置換している。
→関連項目紅レン(簾)石

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

緑レン(簾)石の関連キーワードクリノゾイサイト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android