コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食品成分表 しょくひんせいぶんひょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食品成分表
しょくひんせいぶんひょう

食品ごとの栄養成分を示した表。食生活の良否を判断するため用いられ,日本では文部科学省による『日本食品標準成分表』が利用される。2010年に公表された『日本食品標準成分表2010』には 1878食品についてのエネルギー,蛋白質脂質,ビタミンなど 50成分の値が掲載されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

食品成分表

正式には日本食品標準成分表と言い、文部科学省によって作成された。2005年作成の5訂増補版が最新。食品可食部100g当たりの食品成分の含量を示す。18の食品群別に成分値が記載されており(1878種類)、また、野菜や魚介類の一部では調理(水煮、ゆで、焼き)後の成分値も記載。分析項目は、エネルギー、水分、たんぱく質、脂質、炭水化物灰分無機質(ナトリウムなど8種)、ビタミン(Cなど12種)、脂肪酸コレステロール食物繊維、食塩相当量で、たんぱく質のアミノ酸組成、脂質の脂肪酸組成なども収録されている。

(的場輝佳 関西福祉科学大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

食品成分表【しょくひんせいぶんひょう】

各種の食品について食品分析をした結果を表にしたもの。現在日本では科学技術庁で作成される〈日本食品標準成分表〉が基準とされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

食品成分表

 食品の成分,特に栄養素重点をおいて分析値を示した表.科学技術庁資源調査会編「日本食品標準成分表」(現在は五訂(2000年)が使われている)を指す場合が多い.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくひんせいぶんひょう【食品成分表】

「日本食品標準成分表」の略。日本で消費される主な食品の栄養成分を分析し、一覧表にしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食品成分表の関連キーワードエネルギー換算係数アイスクリーム類栄養(人間)緑黄色野菜飼料成分表一般成分マメ類果実類食育

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食品成分表の関連情報