照射線量(読み)しょうしゃせんりょう

大辞林 第三版の解説

しょうしゃせんりょう【照射線量】

X 線・ γ 線の強度を表す量。単位質量あたりの空気が電離される電気量で定義される。 SI 単位はクーロン毎キログラム(記号 C/kg)。旧単位はレントゲン( R )。 → レントゲン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の照射線量の言及

【放射線量】より

…放射線量とは放射線のエネルギー吸収に関係した量をいい,通常は放射線の吸収エネルギーを物質の質量で除した量,すなわち吸収線量をいう。広義には照射線量や線量当量を含む。
[吸収線量]
 放射線は電荷をもつ荷電放射線(運動エネルギーを有する電子や陽子など)と電荷をもたない非荷電放射線(X線やγ線など)に大別される。…

※「照射線量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android