コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縮小解釈 しゅくしょうかいしゃくinterpretatio restrictive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縮小解釈
しゅくしょうかいしゃく
interpretatio restrictive

法の解釈に際して,文で用いられることばの意味を,通常の用法よりも狭く,縮小して解釈すること。拡張解釈に対する概念。たとえば,不動産物権の変動は登記しなければ第三者に対抗しえないという規定(民法177)でいうところの「第三者」とは,登記の不存在(欠缺〈けんけつ〉)を主張するにつき正当な利益を有する第三者に限定する,という解釈などがこれにあたる。この解釈の結果,不法占有者は民法177条の「第三者」にはあたらないから,不動産の買受人は所有権移転登記をしていなくても,不法占有者に対しては,当該不動産の明渡請求をすることができる(判例・通説)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅくしょう‐かいしゃく〔シユクセウ‐〕【縮小解釈】

法の解釈において、文字や文章の通常の意味より狭く解釈すること。→拡張解釈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅくしょうかいしゃく【縮小解釈】

語句や文章の意味を狭義にしたがって厳格に解釈すること。制限解釈。 ↔ 拡大解釈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縮小解釈
しゅくしょうかいしゃく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の縮小解釈の言及

【法の解釈】より

…たとえば爆発物取締罰則にいう〈爆発物〉の解釈をめぐって,いわゆる火炎びんがこれにあたらないとされた事例などは,文理解釈によってはなお不明晰であった法文の〈爆発物〉の意味が体系的解釈によって限定された例として挙げられよう。 なお体系的解釈の一種として拡張解釈や縮小解釈が論じられることが多いが,これらは文理解釈によって法文の意味が一応明晰となっているものを,体系的解釈によって拡張したり縮小したりして修正する場合である。拡張解釈の例としては,刑法38条3項の〈法律を知らなかったとしても,そのことによって,罪を犯す意思がなかったとすることはできない〉という規定の〈法律〉の語について,それをその語の通常の意味である国会の議決を経て成立する法律だけでなく命令,条例,規則なども含むと解釈する場合などがあげられる。…

※「縮小解釈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

縮小解釈の関連キーワード拡大解釈法解釈学狭義

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android