コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繋温泉 つなぎおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繋温泉
つなぎおんせん

岩手県中西部,雫石川中流域の御所湖南岸にある温泉。盛岡市西部に位置する。単純硫化水素泉。泉温 75℃。康平年間 (1058~65) 源義家安倍貞任を討ったとき発見し,馬をつないだという伝説の石がある。盛岡市街よりバスの便がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕繋温泉(つなぎおんせん)


岩手県盛岡(もりおか)市の西郊にある行楽向きの温泉。古くから知られた名湯だが、1981年(昭和56)近くの雫石(しずくいし)川に御所(ごしょ)ダムが完成し近代的リゾートに変貌(へんぼう)。ダム湖の御所湖北岸に盛岡手づくり村が、北5kmに小岩井(こいわい)農場がある。単純硫黄泉、ナトリウム-硫酸塩塩化物泉。泉温84.5℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

繋温泉
つなぎおんせん

岩手県盛岡市西部、雫石(しずくいし)川の上流にある温泉。前九年の役(1051~1062)のとき、源頼義(よりよし)・義家が湯ノ館(ゆのだて)山麓(ろく)で発見したと伝えられる。泉質は硫黄泉。付近は御所(ごしょ)湖(御所ダム)広域公園として整備され、盛岡郊外の行楽地となっている。盛岡駅からバスの便がある。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

繋温泉の関連キーワード岩手県盛岡市小岩井農場ダム湖名湯西郊

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

繋温泉の関連情報