コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罪責感 ざいせきかん guilt feeling

1件 の用語解説(罪責感の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ざいせきかん【罪責感 guilt feeling】

一般に,規範の要求や禁止にそむいて重大な過失を犯したという理由で自己を責めさいなむ意識や感情。規範は宗教,民族,社会集団などによって異なるから,罪責感の形成,形式,内容もそれに応じて異なる。鬱(うつ)病の病前性格であるメランコリー型,あるいは執着性格の特徴の一つである過敏な罪責感は,日独両国に顕著であるといわれる。罪責感には正常な範囲のものから,神経症レベルのもの,精神病(ことに鬱病)レベルのものがあり,後者では罪業妄想delusion of culpabilityの形をとることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

罪責感の関連キーワード根本規範逆乱公会重大視突っ撥ねる発売禁止命令文聞入れる死のひそむ家高宗武

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

罪責感の関連情報