コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罪責感 ざいせきかんguilt feeling

世界大百科事典 第2版の解説

ざいせきかん【罪責感 guilt feeling】

一般に,規範の要求や禁止にそむいて重大な過失を犯したという理由で自己を責めさいなむ意識や感情。規範は宗教,民族,社会集団などによって異なるから,罪責感の形成,形式,内容もそれに応じて異なる。鬱(うつ)病の病前性格であるメランコリー型,あるいは執着性格の特徴の一つである過敏な罪責感は,日独両国に顕著であるといわれる。罪責感には正常な範囲のものから,神経症レベルのもの,精神病(ことに鬱病)レベルのものがあり,後者では罪業妄想delusion of culpabilityの形をとることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

罪責感の関連情報