罵る(読み)ノノシル

  • ▽罵る
  • ののし・る
  • の・る

デジタル大辞泉の解説

[動ラ五(四)]
ひどい言葉で悪口を言う。声高に非難する。罵倒(ばとう)する。「口汚く―・る」
わめき立てる。大声で言い騒ぐ。
「長い廊下に人が押し合って、がやがやと―・る」〈鴎外・心中〉
声高く鳴く。やかましく音を立てる。
「犬どもの出で来て―・るもいと恐ろしく」〈・浮舟〉
盛んにうわさされる。評判になる。
「六条院の春の殿とて世に―・りし玉の台(うてな)も」〈・匂宮〉
権勢が盛んである。はぶりがよい。
「左の大臣(おとど)の北の方にて―・り給ひける時」〈大和・一二四〉
[動ラ四]悪口を言う。ののしる。
「大長谷王、其の兄を―・りて言ひけらく」〈・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

罵るの関連情報