コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅瑞卿 らずいきょう Luo Rui-qing

2件 の用語解説(羅瑞卿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅瑞卿
らずいきょう
Luo Rui-qing

[生]光緒30(1904).四川,梁山
[没]1978.8.3. 北京
中国の軍人,政治家。黄埔軍官学校を卒業し,北伐に参加。 1937年延安の抗日軍政大学政治委員。 49~58年公安部長。 56年八全大会で中国共産党中央委員に選ばれ,59年国防部長彭徳懐の失脚後,国務院副総理,人民解放軍総参謀長となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅瑞卿
らずいきょう / ルオロイチン
(1906―1978)

中国の軍人。四川(しせん)省南充県生まれ。1926年黄埔(こうほ)軍官学校を卒業し、北伐に参加。1928年中国共産党入党。1930年紅四軍11師政治委員。1934年長征に参加。1937年延安(えんあん)抗日軍政大学(学長、林彪(りんぴょう))の副学長。1940年八路軍政治部主任となる。のち訪ソして中山大学、ついでコミンテルンの党学校で学ぶ。1945年延安で党中央委員候補となる。1946年晋察冀(しんさつき)軍区政治部主任。1949年新政府の公安相。1950年公安部隊司令。1955年公安軍司令、大将。1956年中央委員。1959年副首相、国防次官、参謀総長。1961年軍事委員会秘書長。林彪国防相に次ぐ実力者となった。1962年党中央書記。1965年5月「連ソと兵器優先」論を主張して林彪と対立、1966年「文化大革命」で彭真(ほうしん)らとともに失脚したが、1975年復活した。1977年中央委員となる。翌1978年8月病死。死亡時には軍事委常務委員兼秘書長であった。[高市恵之助・渋谷 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羅瑞卿の関連キーワード唐熊呉玉章張群梁山夫婦塚四川脊梁山脈青森県三沢市四川目黄瀛小西梁山梁山濼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone