コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅城門 らじょうもん

6件 の用語解説(羅城門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅城門
らじょうもん

平城京平安京の京城正門。唐制にならって朱雀 (すざく) 大路の南端に設けられた。門の外を洛外という。平城京の羅城門跡は奈良県大和郡山市来生にある。平安京のそれは弘仁7 (816) 年大風で倒れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らじょう‐もん〔ラジヤウ‐〕【羅城門】

平城京平安京の都城の正門。朱雀大路の南端に設けられ、北端の朱雀門と相対した。平城京の羅城門跡は大和郡山市に、平安京のものは東寺の西方にある。羅生(らしょう)門。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

羅城門【らじょうもん】

平城京・平安京の正門。羅城は都城(とじょう)の周囲にめぐらした築地(ついじ)で,羅城門(羅生門)は朱雀大路(すざくおおじ)の南端にあり,北端の朱雀門と相対。平安京では重層の門で正面7間。
→関連項目朱雀大路鳥羽作道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らじょうもん【羅城門】

日本古代の都城の南中央門。平安京では《拾芥抄》に〈二重閣九間〉とあって9間3戸の門で,2階だてであったことが知られる。平安京内の朱雀大路の南端にあって,京外との境にたっていた。内外ともに溝があって橋がかけられていた。溝の幅は約3m,東西に羅城がとりついていた。門の内側に九条大路があり,外側にも門外大路があった。羅城門の外はそのまま鳥羽作道(鳥羽街道)に通じており,中世では付近に四塚の地名をのこしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らじょうもん【羅城門】

平城京・平安京の都城の正門。朱雀大路の南端に位置し、北端の朱雀門と相対する。平城京の羅城門跡は大和郡山市にあり基壇西端が確認された。平安京のそれは京都市東寺西大門近くにあり、門の構造は重閣の瓦屋造、屋上に鵄尾しびを上げ、南北に各五階の石階があった。羅生門らしようもん

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅城門
らじょうもん

「らせいもん」「らいせいもん」とも読む。羅生門と書き、「らしょうもん」と読まれるようになったのは後世になってからである。羅城(都城を囲む城壁)にある門という意味。平城京、平安京の正門で、京の南面中央にあり、朱雀(すざく)大路を隔てて朱雀門と対する。外国使節を迎えたり、京中の鬼気を追い出す「羅城祭」などの儀式も行われた。
 平城京の遺構は奈良市と大和郡山(やまとこおりやま)市の境にある。近くを流れる佐保川により大部分が破壊されているが、その規模は東西5間と推定されている。平安京では東西7間、南北2間の重層門とされる。816年(弘仁7)に大風で倒壊、すぐに再建されたが、980年(天元3)ふたたび倒れてからは再建されていない。『今昔物語集』には羅城門の楼上に死人が捨てられていた話があり、平安京の荒廃ぶりを示す例としてよく知られている。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羅城門の関連情報