コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃局(1) みののつぼね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美濃局(1) みののつぼね

?-? 平安時代後期の女官。
父は石清水八幡宮別当の紀光清。待賢門院の女房として宮につかえた。鳥羽(とば)上皇の寵(ちょう)をうけ,長承元年(1132)道恵法親王,のち覚快法親王,皇女阿夜(あや)を生む。名は家子

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

美濃局(1)の関連キーワード女官

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android