コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義融 ぎゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義融 ぎゆう

1673-1736 江戸時代前期-中期の僧。
延宝元年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)の人。播磨真楽寺の深慧にしたがって出家真言をまなび,高野山の春雅から灌頂(かんじょう)をうける。のち律の研究に専念し,摂津西成郡(大阪府)の国分寺,京都の清閑寺,和泉(いずみ)(大阪府)の金輪寺住持をつとめた。元文元年8月22日死去。64歳。俗姓有賀。字(あざな)は禅竜。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義融の関連キーワード北村季吟陶山鈍翁元文カロンヴィルマンカロン道具屋節野呂松遣い延宝井原西鶴

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android