コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽織紐 ハオリヒモ

デジタル大辞泉の解説

はおり‐ひも【羽織×紐】

羽織の胸元が開かないように結んで留める

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はおりひも【羽織紐】

羽織の胸のあたりに付けて結び止めるひも。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽織紐
はおりひも

羽織の衿(えり)につける胸紐。羽織は前身頃(みごろ)があいているので、胸元がはだけないように留めるための付属品である。実用性と装飾性を兼ねる。小物ではあるが、とくに女物の場合、帯締とともに、素材の選択、配色によって、着物全体の着装効果を高めることができる。男物の礼装には白を用い、略礼装の場合には、紺、茶、ねずみ色などの色物を用いる。羽織の組紐には丸組、平組がある。手組は高級品として用いられ、機械組が一般的である。組み方には冠組(かんむりぐみ)、奈良組などがあり、女子用には、このほか、さざ波組、唐組(からぐみ)などがある。特殊なものとしては真珠、サンゴ、べっこう製がある。羽織衿付けには乳(ち)と称する紐通しが縫い付けてあり、羽織紐の根元の輪奈(わな)に、これを通して用いる。男性用には金属性のS環を利用する。
 胴服(どうふく)、陣羽織は羽織の祖形とされるが、胴服の紐は平絎(ぐけ)で衿に縫い付けられている。ほかに丸絎、丸打、平打のものもみられる。陣羽織の紐は共布でボタン留めになっている。羽織の紐は時代により好みが変わり、寸法、大きさに変化があった。宝永(ほうえい)(1704~11)のころの紐は、胸高に平打紐をつけボタンがけにし、元文(げんぶん)(1736~41)のころの文金風(ぶんきんふう)の紐は、裾(すそ)まで垂れるほどの長さであった。幕末になると内記打(ないきうち)といって、形は八つ打丸紐に似て、縦横同等の糸で魚子(ななこ)のように組む。中は筒になっていて、これに綿を入れたものがつくられた。また遠州真田(さなだ)といい、薄茶地に藍(あい)糸の筋の入った袋真田を胸紐につけるようになったが、これはかつて小堀遠州が茶道具の箱紐に用いたものという。明治維新後、廃刀令による刀の下げ緒、束巻(つかまき)などの需要減があり、その精巧な技術は帯締、羽織紐に活用された。また婦人の羽織着用の広まりも生産拡大に力を貸した。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

羽織紐の関連キーワード京くみひもサンゴ佐賀錦五丁紐礼装組紐羽織

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽織紐の関連情報