帯締(め)(読み)オビジメ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帯締
おびじめ

女帯をお太鼓結び系に属する帯結びにするとき、形を整えて最後の仕上げに締める紐(ひも)のことをいう。組紐と布の紐とがある。前者には丸く組んだ丸打ちと、平らに組んだ平打ちの2種がある。帯、帯揚、長着、草履(ぞうり)など、和服着装の総合的配色のポイントとなり、全体を引き締める。布の紐は丸絎(まるぐけ)といい、木綿綿(もめんわた)を固く、直径1~2センチメートルの太さに巻いた芯(しん)を羽二重(はぶたえ)でくるみ、絎(く)ける。両端には、糸房をつける。留袖(とめそで)には白、喪服には白または黒を用い、帯揚と色をそろえる。婚礼衣装、七五三の祝い着には金襴(きんらん)、錦(にしき)の丸絎を用いる。若い人、女児には緋(ひ)の羽二重丸絎を用いる。趣味的には革にろう染めをしたもの、無地染めをしたものなども用いられる。帯締は、江戸時代中期以降、帯幅が広くなってきて、1813年(文化10)江戸・亀戸(かめいど)天神の太鼓橋再建完成のおりに、太鼓結びが結ばれるようになってから用いられた。帯締より先に銀製のパチン留の帯留が用いられており、のちに平打ちの細目の帯締に金具を通して、これを前中心にもってくるようにして、紐の結び目は後ろの帯の中に入れて隠す方法がとられた。以前は帯留、帯締の区別がはっきりしていなかったが、現在は紐のみを帯締といって区別しており、近年は帯締が多く用いられている。[藤本やす]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おび‐じめ【帯締】

〘名〙 (「おびしめ」とも) 結んだ帯がとけないようにその上にしめる細いひも。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の帯締(め)の言及

【帯】より

… 作り帯前帯と後帯が別仕立てになっている帯で,太鼓結びのほか半幅帯や子ども用の祝帯の変り結びもある。
【女帯の付属品】
帯締結んだ帯が解けないように用いる長さ約1.5mの細い紐。丸組み,平打ちの組紐と,江戸末期ころから使われていた,丸い棒状にして芯に真綿を入れた丸ぐけがある。…

※「帯締(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android