コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽車 ハグルマ

デジタル大辞泉の解説

は‐ぐるま【羽車】

神体・経典などを移すときに使う輿(こし)。天の羽車御羽車(おはぐるま)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はぐるま【羽車】

御神体の移動などに用いられる輿こし。おはぐるま。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽車
はぐるま

三種の神器の一つである八咫鏡(やたのかがみ)を移動するときに用いる輿(こし)で、天羽車(あまのはぐるま)ともいう。八咫鏡は、宮中温明殿(うんめいでん)の賢所(かしこどころ)、古くは内侍所(ないしどころ)に祀(まつ)ったので、直接に神鏡の名をいわずに、賢所、内侍所といっている。1928年(昭和3)京都で昭和天皇の即位式が行われたときには、四角の台で周囲に欄干があり、赤地錦(にしき)の張帷(ちょうい)を巡らした羽車に登載し京都に移された。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

羽車の関連情報