コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神鏡 シンキョウ

大辞林 第三版の解説

しんきょう【神鏡】

三種の神器の一、八咫やたの鏡のこと。
神社などで神霊としてまつる鏡。
神社で、御神体の前に置く鏡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の神鏡の言及

【内侍所】より

…内裏で神鏡を奉安する場所。女官の内侍が守護したところからこの名がある。…

※「神鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神鏡の関連キーワード吉田神社(茨城県)一貴山銚子塚古墳青龍三年銘鏡三角縁神獣鏡類聚神祇本源【ぼう】製鏡新宮[村]神道五部書春日曼荼羅方格規矩鏡紫尾神社後藤功祐宮中三殿十二支文下り様四神文流雲文栄山寺同笵鏡四神鏡

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神鏡の関連情報