神鏡(読み)シンキョウ

大辞林 第三版の解説

しんきょう【神鏡】

三種の神器の一、八咫やたの鏡のこと。
神社などで神霊としてまつる鏡。
神社で、御神体の前に置く鏡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐きょう ‥キャウ【神鏡】

[1] 〘名〙
神霊としてまつる
※日蓮遺文‐神国王御書(1275)「一代聖教の中に法華経は明鏡の中の神鏡なり」
神前にかけておく鏡。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉二「今稔正月元日春日第四社の神鏡(シンキャウ)自ら落て破裂せしが」 〔謝荘‐太子元服上太后表〕
[2] 三種神器の一つである八咫鏡(やたのかがみ)
※三代実録‐元慶八年(884)二月四日「天皇在東二条宮。親王公卿奉天子璽綬神鏡宝剣等

しん‐けい【神鏡】

〘名〙 (「けい」は「鏡」の漢音) =しんきょう(神鏡)
※日葡辞書(1603‐04)「Xinqei(シンケイ)。カミノ カガミ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神鏡の言及

【内侍所】より

…内裏で神鏡を奉安する場所。女官の内侍が守護したところからこの名がある。…

※「神鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android