コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐熱性高分子 たいねつせいこうぶんしheat-resistant polymer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐熱性高分子
たいねつせいこうぶんし
heat-resistant polymer

高温 (主として 200℃以上) のもとでも溶融せず,長時間の使用に耐えられるような高分子化合物。無機高分子としてはガラス繊維,炭素繊維など,有機高分子としてはテフロン,芳香族ポリアミドなどがその例である。合成樹脂の構造理論のうえで,剛直性を大きくし,分子間力を強化すれば耐熱性は改善されることが知られるようになり,この条件に適合するように重縮合により各種の耐熱性樹脂が開発されている。アメリカ航空宇宙局が宇宙開発のためその開発を促進した。たとえばポリフェニレンオキシド,芳香族ポリアミドなどがあげられる。宇宙開発計画用のほか電気絶縁材料としての用途が多い。また,耐熱性繊維としても使用され,アメリカのデュポン社の「ノメックス」がその代表例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

耐熱性高分子の関連キーワードシリコン系高分子材料カーボンフィルムイソフタル酸カルバゾール

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耐熱性高分子の関連情報