コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ロンバウツ大聖堂 せいロンバウツだいせいどう

1件 の用語解説(聖ロンバウツ大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいロンバウツだいせいどう【聖ロンバウツ大聖堂】

ベルギー北部、アントワープ州の都市メッヘレン(Mechelen)のマルクト広場近くにある大聖堂。メッヘレン駅から約1.5kmの場所にある。756年ごろ当地にキリスト教を伝えたアイルランド出身の聖ロンバウツにちなんで、メッヘレンには1559年に大司教座が置かれ、ベルギー布教の中心となってきた。この聖堂が、ベルギー教会の首座を占める司教座聖堂である。高さ97.3mのゴシック様式の塔の上には、4オクターブの音色を奏でる49個の鐘からなる2組のカリヨンがある。最古の鐘は1480年の鋳造(ちゅうぞう)で、1組のカリヨンは1981年に設置された。聖堂の翼廊にはヴァン・ダイク(Anthony van Dyck、1599~1641年)が描いた「磔刑(たっけい)図」がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ロンバウツ大聖堂の関連キーワードアントワープアントウェルペンメヘレンジンメルの塔聖グマルス教会ブルッヘマルクト広場メッヘレンスヘルデ[川]ベルギー輓馬 (Belgian Draught)