コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞慶 ぶんけい

2件 の用語解説(聞慶の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

聞慶【ぶんけい】

韓国,慶尚北道の北西部にある都市。小白山脈中の鳥嶺の麓に位置し,嶺南(慶尚道)とソウルを結ぶ要衝であったが,近代にはやや南の秋風嶺に主要交通路が移った。付近からは米,麦,アワ,タバココウゾなどを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんけい【聞慶 Mungyŏng】

韓国,慶尚北道北部の都市。人口9万5815(1995)。谷あいに散在する小盆地を中心に集落が形成され,農林業のほか石炭,土状黒鉛,タングステン等の鉱業が行われている。中心地の一つである聞慶邑は,小白山脈をこえて嶺南地方(慶尚道)とソウルを結ぶ交通要衝として発達したが,現在ではセメント工業で知られている。かつては難関として有名であった,西北にある鳥嶺山脈中の鳥嶺関門は廃止され,今は南側の梨花嶺(548m)をこえる道路が開通している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聞慶の関連情報