コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞慶 ぶんけい

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんけい【聞慶 Mungyŏng】

韓国,慶尚北道北部の都市。人口9万5815(1995)。谷あいに散在する小盆地を中心に集落が形成され,農林業のほか石炭,土状黒鉛,タングステン等の鉱業が行われている。中心地の一つである聞慶邑は,小白山脈をこえて嶺南地方(慶尚道)とソウルを結ぶ交通要衝として発達したが,現在ではセメント工業で知られている。かつては難関として有名であった,西北にある鳥嶺山脈中の鳥嶺関門は廃止され,今は南側の梨花嶺(548m)をこえる道路が開通している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

聞慶の関連キーワードキョンサンプク(慶尚北)道鳳巌寺智証大師寂照塔碑キム ドンウックムンギョン権相老朴正熙李弼済

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聞慶の関連情報